浮気 証拠集め 自分で

浮気の証拠集めは自分でできる?

 

浮気の証拠の中でも最も強力な「決定的な証拠」は、
二人でラブホテルに出入りする写真や映像です。

 

でも、これを自分で撮ろうと思うとほぼ確実に失敗します。

 

浮気の証拠集めは自分でできる?

 

 

まず、バレずに尾行するということがそもそも難しいんですが、
もし、尾行がうまくいったとしても決定的な証拠写真を撮るのは非常に難しいです。

 

 

 

顔が割れてるから肝心な場面で怖くて近寄れないんです。

 

その結果、遠すぎて誰が写ってるのかよくわからない写真になってしまいます。
暗視カメラや望遠レンズなどの高価な機材もなかなか揃えられないですよね。

 

 

決定的な証拠の部分はプロに任せた方が絶対安全です。

 

 

ただ、補完的な証拠なら自分で集めることができます。

 

 

こちらの記事でも説明したとおり、それ単体では弱い証拠でも、決定的な証拠との合わせワザに使えるので、集めておくに越したことはありません。

 

 

>>裁判で通用する浮気の証拠とは?

 

 

 

それに、探偵事務所の浮気調査は時間あたりの料金なので、自分である程度情報を集めて
「きっとこの日に会うはず」というのを事前につかんでおけば、ピンポイントで調査を依頼できて節約になります。

 

 

>>浮気調査費用を安くする裏ワザ

 

 

 

自分でできる浮気調査。何を調べればいい?

 

あなたが証拠集めをしていると夫に気づかれてしまったら、夫を警戒させてしまい、より巧妙に浮気をかくすようになったり、ほとぼりが冷めるまで浮気相手と会うのを控えるようになります。

 

そうなると探偵事務所に頼んでも決定的な証拠をつかむのが難しくなってしまいます。

 

なので、自分でさぐる場合は、細心の注意を払って、決して無理はしないようにしてくださいね。

 

それと、「決定的な証拠」をつかむ前に夫を問い詰めるのは絶対NGです。
「決定的な証拠」ではないのですから、何とでも言い逃れできてしまいます。

 

 

・絶対に夫に気づかれないようにやること

 

・中途半端な証拠で夫を問い詰めないこと

 

 

自分で証拠を集める前に、この2点だけは忘れないでください。

 

 

それでは、自分でできそうな浮気調査の方法をいくつかご紹介します。

 

 

 

メールやLINEの履歴

 

夫のスマホをチェックできるなら、メールやLINEの履歴は見ておきたいところです。
ただし、未読があるときに開いてしまうと「既読」になって、あなたがスマホを勝手に触ったことが夫にバレてしまうので、その点はくれぐれも注意してください。

 

怪しいものを見つけたときも、自分のアドレスに転送なんてしないでくださいね。
思いっきり痕跡が残ってしまいますから。

 

自分のスマホで夫の画面を撮影しておけばOKです。
誰とメッセージをやりとりしているのかわかる画面も撮影しておきましょう。

 

 

スマホにロックがかかっているときは、あきらめた方がいいです。
ロック解除する方法もなくはないけど、そこまでリスクをおかすのは危険です。

 

 

 

パソコンの検索履歴

 

夫婦共有で使っているパソコンにはさすがに浮気の証拠なんて残っていないと思いきや、意外と検索履歴に重要なヒントが残っていることがあります。

 

デートの行き先を探していたりするんですね。

 

これも、怪しいものを見つけたら、一応画面を撮影しておきましょう。

 

証拠として使えるかどうかは、後で弁護士さんと相談して判断してもらえばいいんです。

 

 

 

SNSの裏アカウント

 

SNSのメインのアカウントのほかに、もう1つ別のアカウント(裏アカウント)を作って、そちらで浮気相手とやりとりしているケースも多いそうです。

 

裏アカウントを探し当てるのは簡単ではありませんが、もし見つけることができたら、そこはおそらく浮気情報の宝庫でしょう。

 

 

 

GPS

 

車で行動する夫の場合、車にGPSをしかけておくのも有効です。

 

購入すると5〜6万円しますが、レンタルもあるのでネットで調べてみるといいですよ。
探偵事務所でもレンタル・取付までしてくれると思います。

 

 

 

ICレコーダー

 

車に女を載せている様子があるなら、車にICレコーダーをセットしておくのも有効です。

 

あと、あなたが出かけて夫が留守番をしているような日があるなら、自宅のリビングにICレコーダーをしかけておくのもおすすめです。

 

 

まさか女を連れ込むなんてことはないと信じたいですが、油断してリビングで浮気相手と電話することはありえます。

 

こういう、こっそり録音したものは証拠として扱わないという弁護士さんもいるようですが、使えるかどうかは後で相談すればいいことです。

 

証拠として扱わない場合でも、デートの約束をしている会話が録音できれば、調査日時の絞り込みに使えます。

 

 

 

レシート、クレジットカードの明細書

 

財布やカバンの中、服のポケット、車や部屋のゴミ箱などをチェックして、怪しいレシートがあれば写真を撮っておきましょう。

 

そして、夫に気づかれないように、ちゃんと元の場所に戻しておいてください。

 

ただのコンビニのレシートでも、普段行かない場所のコンビニだったら怪しいですよね。
クレジットカードの利用明細も、写真をとっておきましょう。

 

 

 

スケジュール帳

 

謎のマークや略語で、デートの日時を記入しているかもしれません。
とりあえず写真をとっておきましょう。

 

スマホをチェックできるのであれば、カレンダーなどスケジュール管理のアプリにもデートの予定が入っているかもしれません。

 

 

車の中

 

毎日の走行距離を記録しておくと、不自然な遠出に気づくことができます。
有料道路や駐車場のレシート、カーナビの履歴、ETCの利用履歴などにも浮気の痕跡が残されていることがあります。

 

 

 

 

絶対に無理は禁物!

 

いろいろ紹介しましたが、無理なくできそうなものだけチャレンジしてみてください。

 

 

何としてでも証拠をたくさん集めてやろう!とムキになってはダメ。

 

自分で集める証拠はあくまでも
「決定的な証拠」を補完したり、「決定的な証拠」を効率よく取れるようにするためのものです。

 

リスクをおかしてまで深追いしてはいけません。

 

あなたが浮気に気づいて探っていることが夫にバレてしまったら、「決定的な証拠」の方が撮りづらくなってしまいますから。

 

 

 

「決定的な証拠」は冒頭でも説明したとおり、プロに任せるのが一番確実です。

 

というか、自分では無理だと思っておいた方がいいです。

 

 

確かに費用はかかりますが、デートしそうな日の目星をある程度つけておいてピンポイントで依頼すれば、安く上げることも可能です。

 

 

今つかんでいる情報を伝えて、これだとどのような調査方法になるか、費用はいくらぐらいかかりそうか、事前に聞いてみるといいですよ。

 

このほか、どういう情報があれば安く調査できそうかなども、相談にのってくれると思います。

 

 

こちらのサイトの「浮気解決診断シミュレーター」から申し込めば、匿名でも概算額を教えてもらえますよ。

 

 

 

⇒HAL探偵社に匿名で相談してみる