浮気相手 慰謝料 請求

浮気相手に慰謝料請求するべき?

浮気の慰謝料の相場は、50〜300万円と言われています。

 

浮気されたけど離婚も別居もしない場合は50〜100万円。
浮気が原因で別居にいたった場合は100〜200万円。
離婚した場合は200〜300万円。

浮気相手に慰謝料請求するべき?

 

 

慰謝料は夫と浮気相手の両方に請求することができます。
浮気相手だけに請求してもかまいません。

 

 

離婚するなら慰謝料請求はした方がいいです。
ここは迷う余地はないと思います。

 

 

問題は離婚しない場合です。

 

離婚も別居もしないで夫婦でやり直すことにした場合、浮気相手への慰謝料を請求すべきかどうか、迷う人が多いんですよね。

 

 

 

離婚しない場合は、慰謝料請求しない方がいいの?

 

離婚しないでやり直す場合、浮気相手への慰謝料請求はしない方がいいの・・・?

 

お金の損得だけで考えるなら、しない方がいいかもしれません。
離婚も別居もしない場合の慰謝料相場は50〜100万円です。

 

弁護士費用を考えるとほとんど手元に残らないどころか、マイナスになる可能性もあります。

 

 

でも、お金の損得だけで割り切れる問題じゃないから悩んでるんですよね。

 

ネットの書き込みを見てると、こんな意見がありました。

 

浮気相手への慰謝料請求を「しない方がいい」派

 

・浮気相手を苦しめる妻がヒドイ女に見えて、夫が妻から離れていく
・これ以上、この問題(浮気相手の女)にかかわりたくない

 

浮気相手への慰謝料請求を「した方がいい」派

 

・何もせずにはいられない、気持ちが収まらない
・二度と夫に近づかないよう痛い目にあわせてこらしめた方がいい

 

 

どちらの意見も納得できます。

 

特に、夫が自分から離れていくというのは「そうかも」と思ってしまいます。

 

相手をこらしめてやりたいに決まってるけど、みんなこれが怖くて慰謝料請求をためらってしまうんですよね。

 

 

ほとぼり冷めればまた浮気する

 

でも、わたしが探偵社の相談員さんに言われたのは、
「慰謝料は請求したほうがいい」ということでした。

 

わたしがお世話になったHAL探偵社の相談員さんは、本当に親身になって相談に乗ってくれました。
浮気調査をメインでやってる探偵事務所の相談員として、これまでものすごい数の相談にのってきた人だと思うんです。
離婚カウンセラーの資格も持っているということでした。

 

そんな、いわば夫婦問題のプロに、「慰謝料は請求した方がいい」と言われたんです。

 

理由は「意外と懲りてないから」

 

 

浮気が発覚して修羅場になると、一応反省してみせたり謝罪したりはするんです。
でも、ほとぼりが冷めればまた浮気を再開する人が多いそうです。

 

こちらは心が崩壊するほど苦しんでいるのに、夫や浮気相手の感覚ってこんなものなんです。
悲しいけど、確かにこれが現実だろうなと思いました。

 

 

 

慰謝料請求したせいで夫が離れていったら・・・?

 

慰謝料の請求は確かに大変です。
相手が大変なだけじゃなくて自分も大変です。

 

早く忘れたいのに、憎い相手と関わらないといけませんし、夫から請求を取り下げるよう説得されたりもするでしょう。

 

でも、大変でも、相手をこらしめることを省略してはいけないと思うんです。

 

それを省略すると、大変な思いをしたのはあなただけで、相手は痛くもかゆくもない。
夫もおとがめ無しで許してもらえて、あなたは完全になめられるだけ。

 

 

もし、浮気相手に慰謝料を請求したことで夫が離れていったとしたら、
それはもうそれまでの関係だったということです。
浮気をした時点で、もうすでに信頼関係は壊れているわけだし。

 

今ここで慰謝料を許してあげて、夫があなたのところに戻ってきたとしても、ほとぼりが冷めればまた浮気します。
同じ相手かもしれないし、別の相手かもしれません。

 

あなたと夫の関係は、今終わるか、数年先に終わるかのちがいだけです。

 

 

でも、いまきっちり慰謝料請求をして、お互いに大変な思いをしておけば、この先何度も浮気を繰り返すということはないと思うんです。
人生で2度も慰謝料を払う人はさすがにいないでしょう。

 

浮気する人は、浮気というものを軽く考えすぎなんです。
慰謝料を支払うことで、浮気に懲りてもらう必要があるんです。

 

 

ちなみにわたしは、浮気相手だけでなく夫にも慰謝料を請求した方がいいと思っています。

 

夫婦のお財布が一緒だから夫に慰謝料請求しても意味がないっていう人がいるけど、夫婦の貯金からあなた個人の貯金にうつすだけでもいいじゃないですか。
貯金がないならおこづかいから分割で払ってもらってもいいじゃないですか。

 

次に浮気したときは、そのお金を離婚資金の足しにすればいいんです。

 

次は絶対に許さないっていう強い覚悟を示せると思います。

 

 

「彼女をいじめるヒドイ女」と思われないためには

 

慰謝料請求をしない派の意見に「これ以上かかわりたくない」というのがありました。
その気持ちもよくわかります。

 

ただでさえ大変な精神状態でがんばっているのに、もうこれ以上傷つきたくないですよね。

 

自分へのダメージを小さくして相手に大きなダメージを与えるためには、慰謝料請求を弁護士に任せてしまうのがおすすめです。

 

節約のために自分でやろうとする人もいるけど、これはおすすめできません。

 

 

浮気相手を不憫に思った夫が「悪いのは自分であって彼女は悪くない」「完全に分かれるから慰謝料請求を取り下げてくれ」なんて言ってくると思います。

 

でも、いちいち反論して夫とやりあわないこと。
これで夫ともめると、夫はあなたのことを「彼女をいじめるヒドイ女」という風に見てしまいます。
「夫と浮気相手 VS あなた」という構図ができてしまいます。

 

そんなときは「どうすればいいかわからないから、弁護士さんに全部お任せしてるの」とかわしておきましょう。
「もう君とは無理だ」とか「こんな強欲な女だと思わなかった」とか責められても、いちいち反論しない。
ただ、悲しそうにしていればいいんです。

 

 

ポイントは、慰謝料の問題で夫と言い争いをしないこと。
心の中は浮気相手への憎しみが渦巻いていて、ぜったいにただでは許さない!という執念を燃やしていても、そんな感情を見せてはダメです。

 

夫の前では「怖い女」にならないで、「傷ついて憔悴しきった女」を演じてください。
演じるというか、実際そうだと思います。

 

攻撃されても「かわす」「うけながす」「悲しそうにする」。

 

 

ただ、これでもし夫が出て行ったりしたら、それはもう、その程度の関係だったということです。
そこの部分の静かな覚悟はもっておいてほしいと思います。

 

 

その覚悟がもてない人は、慰謝料を許してあげるという選択になるんでしょう。
ただ、その場合、数年後にまた浮気されるという別の覚悟は必要だと思います。

 

 

しっかり準備を整えてから戦おう

 

慰謝料を請求するときは、入念な準備が必要です。

 

準備ゼロで慰謝料請求をしてはダメ。

 

 

浮気に気づいたからって、真っ先に相手の女に慰謝料請求したりしたら、泥沼になってしまいます。

 

これは、戦いです。
夫に気づかれないように、準備をしっかり整えてから戦いましょう。

 

慰謝料請求の時効は、浮気の事実と浮気相手を知ってから3年です。
準備をする時間はあります。

 

 

準備と言っても何をすればいいのかわからないという人は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。

 

 

>>浮気発覚後にやるべきこと5つ