離婚 やり直す

夫が浮気。離婚するか、やり直すか

離婚するか、やり直すか

 

浮気に気づき、疑惑が確信に変わり・・・

 

地獄のような日々の始まりです。

 

毎日悶々と悩みますよね。

 

 

どうやって問い詰めようかとか、どうやって証拠を押さえようかという悩みではなくて、
自分の身の振り方を考えるのが一番苦しい悩みだと思います。

 

つまり、離婚するのか、やり直すのか。

 

わたしもそのことばかり考えていました。

 

簡単に結論が出る問題ではありません。

 

悩んでも悩んでもぐるぐると堂々巡りで
結局自分がどうしたいのか、どうするのが正解なのかまったくわからないんです。

 

きっとあなたもそうだと思います。

 

 

でも、あせらなくていいんです。
今すぐ結論を出す必要なんてありません。
早く結論を出そうとするからどうすればいいのかわからなくて苦しいんですよね。

 

 

そのことについてはひとまず置いておいて、今は何も考えない。というのもアリです。

 

そして、苦しさが落ち着いてきたら、少しずつ冷静に考えていけばいいんです。

 

「冷静に」というのが大切なポイントです。

 

離婚するか、やり直すかは、人生における大きな決断です。
動揺した状態でそんな大きな決断をしても良い結果にはなりません。

 

「冷静な状態」を取り戻すことができてから考えましょう。

 

 

といってもどう考えればいいのかわからないっていう人は、次のような視点を参考にしてみてください。

 

 

自分が幸せになるためにはどうすればいいか

 

相手を困らせてやりたいとか、
復習したいとか、
他の女に取られるのが癪だとか、

 

そういう基準では考えない方がいいです。

 

シンプルに、
「自分が幸せになるためにはどうすればいいか」
という視点で考えてください。

 

その選択肢を選んだあとに「本当に幸せが待っているか」という基準で考えるんです。

 

 

 

メリットとデメリットを整理する

 

離婚するにしても、やり直すにしても、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

離婚する《メリット》

 

「離婚=失敗・不幸」ではありません。
幸せになるために離婚するという選択肢もあるんです。

 

離婚することで、新しい生き方を選びなおすことができます。
新しい出会いがあるかもしれません。
夫に気を遣うことなく、自分のことと子供のことだけを考えて前向きに生きていくのも幸せな生き方だと思います。
一人で気楽に生きるというのもまた幸せな生き方かもしれません。

 

「離婚して幸せ」って言ってる女性、周りにいませんか?
あれ、強がりじゃなくて案外本音だと思いますよ。

 

 

離婚する《デメリット》

 

子供がいない人の場合、この先ずっと一人で生きていかなければならないかもしれないという不安がありますよね。

 

子供がいる人の場合は、親が離婚することで子供に与えてしまう影響が気になるところです。
それに、わたしのように出産で仕事を辞めてしまった専業主婦にとっては、経済面がもっとも心配な点です。

 

あとは、親に心配をかけてしまうとか、世間体が気になるっていうのもありますよね。

 

 

やり直す《メリット》

 

ずっと順調な夫婦なんてありません。
ケンカしたり、すれ違ったり、困難を乗り越えながら、お互いに成長して円熟した夫婦になっていくと思うんです。

 

浮気という事実を二人がしっかり受け止めて、原因を考えて、同じ過ちを繰り返さないようにがんばることで、夫婦の関係が深まることもあります。

 

 

やり直す《デメリット》

 

やり直すというのは、今回の浮気をきっかけに、二人でしっかり向き合って関係を改善していくということです。
浮気を見過ごしたり、浮気されてもガマンするということではありません。

 

ですから、こちらがやり直したいと思っていても、相手にやり直す意思がなければ無理です。

 

相手にその意思がなければ、無理やり浮気相手と別れさせたり、その場しのぎで謝られても、きっとまた同じことを繰り返すだけです。

 

ですから、そこの見極めがきちんとできていないと、「やり直す」を選んでも失敗に終わります。

 

また、しっかり相手の意思を見極めて、やり直す選択をしたとしても、一度失った信頼関係を取り戻すには大変な時間がかかるものです。

 

どうしても許せない思いが残っていたり、疑ってしまったり。

 

何ヶ月も何年もかけて修復するくらいの覚悟が必要です。

 

 

 

 

このほか、あなたが思うメリット・デメリットをそれぞれ書き出して整理してみてください。

 

 

 

 

第三者に話してみる

 

自分ひとりで悩んでいても、視野が狭くなってしまって冷静な判断ができないことってありますよね。

 

人に相談して、意見を聞いてみるのもおすすめです。
人に話すことで自分の気持ちを整理できるという利点もあります。

 

相談相手は慎重に選ばないといけないけど・・・。

 

身近に離婚を経験したお友達はいませんか?
離婚してよかったこととか、後悔していることとか、聞いてみるといいですよ。

 

家族ぐるみで付き合っているお友達は避けた方がいいかなって思いますが、学生時代のお友達であなたのことをよく理解してくれている人なら、客観的かつ的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

 

親に相談するのは騒ぎが大きくなるかもしれないので、離婚を決めてからでいいと思います。
兄弟姉妹なら、相談してみてもいいかも。

 

行政の電話相談とか、カウンセリングとか、まったく関係ない第三者に話を聞いてもらうのもいいですよ。

 

まったく関係ない人だからこそ、取り繕う必要もないし、本心を話して気持ちの整理ができると思います。

 

 

 

結論を急がない。でも準備は進めておく

 

考えても考えても決められないなら、別に今すぐ決める必要はないんです。

 

最初にも書きましたが、「焦らないこと」が大切です。

 

 

ただし、結論を出したときにすぐ動けるよう、準備はしておいた方がいいと思います。
わたしが考える、必要な「準備」は次のとおりです。

 

 

経済力をつけておく

 

離婚するなら経済力は必須だけど、やり直す場合でも経済力はあって邪魔になるものではありませんよね。

 

自立した女性は魅力的だと思うし、特にこういうつらい時期は家に閉じこもっているより外に働きに出て色んな人と触れ合った方が気分的にもラクだと思うんです。
新しい刺激があって気が紛れるというか。

 

それに、今回はやり直すことにしたとしても、また浮気を繰り返したら?

 

そうなったときは、わたしはもう離婚するって決めてます。

 

だから、専業主婦だったけど、とりあえずパートで働き始めることにしました。
仕事に慣れてきたら、資格取得にチャレンジしようと思っています。
そして、狙うは正社員です。

 

自分ひとりでもしっかりやっていける経済力があれば、大きな不安が1つなくなるわけですよね。

 

わたしは今回、夫とやり直すことにしたけど、まだ完全に許したわけじゃないし、「またやるかも」って心のどこかで思っています。

 

でも、夫の言動に目を光らせたり、いちいちうろたえたりすることはなく、一応いまのところ心おだやかに過ごせています。

 

それは「次はもうないよ」っていうことを決めて、準備をしているからだと思うんです

 

 

 

証拠をとっておく

 

裁判で通用するような決定的な浮気の証拠があった方が、確実に、有利に離婚を進められるということはご存知ですよね。

 

だから離婚するって決めたら探偵に依頼しようって思ってる人がいるかもしれないけど、
浮気調査=離婚 ということではないんですよ。

 

 

実は、浮気調査で黒と確定した場合でも、離婚を選ぶ人はわずか2割。
8割の人が夫婦関係の修復を選択するそうです。

 

わたしも、やり直したい人ほど、早めに浮気調査をして決定的な証拠をつかむべきだと考えています。

 

夫が浮気相手と深みにハマッてしまう前に「早期発見・早期解決」することが大切だから。
浮気相手が妊娠なんてしたら、もう修復は絶対に不可能じゃないですか?

 

 

ただし、「なんか怪しい」とか、不確実な証拠だけで問い詰めても絶対シラを切って認めないに決まってるし、警戒して慎重に浮気を続けさせる結果になるだけです。

 

でも、絶対に言い逃れできない決定的な証拠を突きつけると、観念して正直に話す人が多いそうです。
うちの場合もまさにそうでした。

 

 

さっきも書きましたが、「やり直す」ということは、浮気を見過ごしたりガマンすることではなくて、二人でしっかり向き合って関係改善の努力をしていくことです。

 

妻側だけがやり直したいと思っていてもダメで、
夫の方も、浮気したことを反省して、心からやり直したいと思っていなければ成立しません。

 

そのために、決定的な証拠を準備して、正直に話し合うことからスタートするんです。

 

 

ですから、離婚するか、やり直すか、まだ結論が出せないっていう人も、浮気調査は早めにしておいた方がいいですよ。

 

 

わたしは最初、ホームページから探偵事務所にコンタクトをとって、調査費用の概算額を教えてもらいました。

 

こちらのサイトの「浮気解決診断シミュレーター」から申し込めば、匿名でも概算額を教えてもらえますよ。

 

 

 

⇒HAL探偵社に匿名で相談してみる